よしずみの競馬にハマる!?

競馬初心者が万馬券の夢を見るブログです。

11/25 ジャパンカップGⅠ&京阪杯GⅢ結果。

この結果を受け入れるまでには時間が必要でした(単なるサボり)。


ジャパンカップ GⅠ
【レース結果】
1 アーモンドアイ 2:20.6 (レコード)
8 キセキ (1 3/4)
11 スワーヴリチャード (3 1/2)
9 シュヴァルグラン (クビ)
5 ミッキースワロー (2)


【よしずみ予想】
◎1 アーモンドアイ (1着)
〇9 シュヴァルグラン (4着)
▲11 スワーヴリチャード (3着)
△3 サトノダイヤモンド (6着)
×6 サンダリングブルー (10着)
×12 カプリ (11着)


【よしずみ購入】
〇シュヴァルグラン頑張れ馬券。
◎軸〇▲△馬連。〇軸▲△馬連。
→全ハズレ。-700円。


【屈したよしずみ購入】
◎頑張れ馬券、デムルメ馬単表裏、ワイド。
→頑張れとワイド的中。500→140+110+240=490円。


【レース感想】
これまでのジャパンカップのレコード記録
→05年アルカセットの2:22.1。
世界の2400mのレコード記録
→91年JCのホーリックスの2:22.2。


去年のシュヴァルグランのJC優勝タイム
→2:23.7。
今年のシュヴァルグランのタイム
→2:21.5。(レコード更新。しかし4着。)


今回アルカセットのレコードを抜いた馬
→6着サトノダイヤモンドまで上位6頭。
ホーリックスの世界レコードに並んだ馬
→7着ドベ人気地方3歳馬ハッピーグリン。


※アーモンドアイはJCレコードを1.5秒更新。


よ「おかしい。おかしいでしょこれは…?」


アーモンドアイが1枠1番を掴み、差しでは無くオークスのように先行するだろうな、というのは分かっていた事。
あとは外枠2頭がアーモンドアイの邪魔をしてくれたらな…と思ったら隊列すんなりの流れるペース。
ハナを当然のようにキセキ川田が主導し前半1000m通過は59秒9。ハロンタイムを見ると5F目からもう11秒ラップの競馬が始まっていた訳ですが。


よしずみがキセキを切ったのは高速に持って行けば必ずキセキは沈むと思ったから。
それがどうでしょうか?どスローどころか突き放す競馬をして見事に前残りましたよ!
直線でも川田はこれでもか!これでもか!とキセキに鞭を奮いました。
これで川田は秋GⅠ全て着内です。不良馬場の菊花賞のあとは香港に行って水虫。レコードの代償が無ければ良いのですが…。


川田がキセキに鞭をビシバシ叩く中、アーモンドアイ騎乗ルメールは鞭3発で終了しました。
キセキとノーブルマーズの後ろ3番手追走も、ノーブルマーズが遅いもんで2コーナーから2番手に。
あとは直線で進路を構えてからの3発ですんなりとキセキに先着のレコードでした。
アーモンドアイにけちを付ける事は何もありませんね。


よしずみの期待したシュヴァルグランはスワーヴリチャードにクビ差の4着でした。
この2頭は順当な結果だと思いますよ。シュヴァルが前だったらスワーヴが4着だったと思います。
引退手前のシュヴァルグランが大敗せずここまで健闘したことにありがとう、ですよ。
あと1戦有馬でも見せ場を作って欲しい所ですが、天春のレコード後の宝塚みたいにはならないで頂きたいですね。
何なんですか東京競馬場?最終週ですよね?おかしくないですかね??


最速末脚は追い込みノリさんのミッキースワローでした。この展開で良く伸びましたよ。
JCは関東所属騎手の成績が何故か悪いんですよね。
頼みますからミッキースワローまで外人特にルメールに乗り替わらないで下さいね。
そんなんなら息子に託しますからね!


あとはJC初挑戦となったモレイラ神でもサトノダイヤモンドのマジックは起きませんでした。
戸崎さんが「俺のせいじゃ無いでしょ。」と発言しそうですが、そもそも東京にいたのにJC騎乗無しですからね()。
外国馬2頭も後ろからの競馬で何も見せ場なし。サトノクラウンは前走宝塚から+18kgで完全な休み明け叩き仕様でした()。有馬で誰が乗るか一応注目しておきましょう。


ガンコとノーブルマーズはGⅡ以下で一応。サウンズオブアースは…あと1勝欲しいですか?今回のダメージは大きいと思いますよ?


【今回のまとめ。】
アーモンドアイは別格だった。
川田は鞭を叩きまくった。
それに応えるキセキの粘りは予想外だった。


以上です。



京阪杯 GⅢ
【レース結果】
3 ダノンスマッシュ 1:08.0
6 ナインテイルズ (1 3/4)
8 ダイアナヘイロー (ハナ)←重賞牝馬
17 アンヴァル (クビ)←前走OP勝ち牝馬
1 エスティタート (クビ)←前走条件上がり牝馬


【よしずみ予想】
◎11 ダイメイフジ (13着)
〇3 ダノンスマッシュ (1着)
▲16 ワンスインナムーン (15着)
△2 フミノムーン (8着)
×5 コウエイタケル (5着同着)
×14 キングハート (12着)


【よしずみ購入】
◎頑張れ馬券。
6枠軸2,8枠連。
◎→〇▲→△×3連単。
キングハート様複勝。
→全ハズレ。-900円OTL。


【レース感想】
ダノンスマッシュ!頑張れ買っておけば良かった()。


京都の芝1200m。ワンスインナムーンが逃げ切れると思いきや、5歳になった今年は重賞で1回も前残り出来ていませんね。弱小OPに騙されました()。


武豊→菱田になっただけで2桁人気になったダイアナヘイロー。前走重馬場と中山の急坂が苦手なだけの本馬はスタート成功すればこの通り。流石重賞馬。
キングハート様は浜中騎乗でスタートは外枠なので出ムチも無く控える格好。直線進路取りは正解を見つけた時にはもうゴール板でした()。


よしずみ本命のダイメイフジは秋山さん。第3コーナーから手綱をぐいぐい。
何で?って思ったらそうか秋山さんコーナー曲がりはもう安全運転優先なんだ…。
4コーナーでは外々回して押せ押せぐいぐい。直線ではまっすぐ走れずに外側へ斜行しながらの33秒8の末脚。
…まぁ中京記念からの休み明けと考えればいきなりは無理でしたね。叩いて次走に注目したいと思います。…あ!秋山さんから乗り替わりが絶対ですよ!


…そして秋山絡みで幸さん落馬からの乗り替わった福永さんですが…。
まぁレース映像を見て下さいな。福永さんは青の7番ですから。

ビッグアーサー「終始前が壁やんけ()。」
よ「最下位になる美しさですわ。」


今回のダノンスマッシュは内枠先行からの斤量に恵まれた所もありましたが力が一枚上でしたね。
北村友一騎手は毎回良い馬に乗らせて貰ってますからね。やっと今年重賞2勝目ですよ。


掲示板に先行に成功した牝馬が3~5着に並ぶなか、2着にしれっといる7歳馬ナインテイルズ岩田さん。何で!?って今回もマイルCS同様インが空いたから。
というかダノンスマッシュがイン突きのロス無い競馬をして、その後ろを追走した格好。
岩田さんはイン始めから狙ってたでしょうが()。…というかマイルCSからインが伸びるのが変ってないんですかそーですか()。


今回の結果でダノンスマッシュやダイアナヘイローが人気するでしょうが、ダノンは外枠で、ダイアナは重馬場と坂ありコースで評価は下がりますね。
実際菱田イン空きラッキーで北九州記念を制したアレスバローズがコケていますから。
ちょっとね…インにどの馬がいてどれが突いてくるなんて考えたらそれこそオカルトなんですけども()。


ダイアナヘイローの隣になったアサクサゲンキは様々な牝馬の後ろ姿を見るために最後方待機からの超大外ぶん回しでイン突き岩田さんのナインテイルズと変わらない最速末脚でした。
去年はハナを取れるネロだったからね。岩田さんのイン突きのが上手だったは結果論だけどね()。インが空いて外回されると思わないもんね。先週のマイルCSでもそう思ったよ()。


ダノンスマッシュもロードカナロア産駒ですか…。オルフェーヴル産駒はどうしましたか?そういえば2019年の新種牡馬にマジンプロスパーを発見してよしずみ大興奮でございます()。



…さぁ来週はチャンピオンズCの前にステイヤーズSですね。
アルバートはムーア神帰国でモレイラ神で4連覇を狙います。チャレンジCはレイエンダ1番人気でルメールの使い分けですね…。それでは!



11/25 ジャパンカップGⅠ&京阪杯GⅢ予想。

残り2戦。見届けよう、TVで()。


よしずみです。すっかりと寒くなりました。運動不足が捗りますね()。
思えば去年もシュヴァルグランにぶっ込めませんでした。今年も同じです。
せめて印だけでも…も今年は無理そうです。見届ける事にします()。


【ジャパンカップとシュヴァルグラン。】
シュヴァルグランは2歳新馬で9月にデビューしました。結果は3番人気2着。
ハーツクライ産駒は遅咲きというように開花は3歳秋から。
2400m戦を500万→1000万→1600万と3連勝し、年明け4歳の初戦となった日経新春杯では2着となるも、次走阪神大賞典で見事に重賞初制覇。そして初GⅠとなった天皇賞(春)でキタサンブラックの0.2秒差3着と大健闘したのです。


次走宝塚記念で大敗するも夏を休養して迎えた秋初戦AR共和国杯で重賞2勝目。
シュヴァルグラン初のジャパンカップは大外枠17番も3着。1枠1番キタサンブラックに先着出来ませんでした。
そしてシュヴァルグランは有馬記念でも7枠14番となり、5番人気6着で4歳シーズンを終了します。


明け5歳の初戦を阪神大賞典にすると、サトノダイヤモンドに完敗の2着。続く天皇賞(春)ではヤマカツライデンの超大逃げもあってキタサンブラック→シュヴァルグラン→サトノダイヤモンドのレコード決着。この3頭で決まった事、そして現地観戦出来た事に喜びを今でも感じますね。


そして宝塚記念で福永さんがシュヴァルグランで逃げるという大博打をした結果、以降福永さんがシュヴァルグランに乗ることは無くなりました()。
京都大賞典はデムーロ下手くそで3着。そして2回目のジャパンカップでついに掴んだ1枠1番。さらにはボウマン神。シュヴァルグランは初のGⅠ制覇。そして初のキタサンブラックに先着でした。
ボウマン神は有馬記念でも神騎乗で3着。デムーロがスワーヴリチャードで斜行妨害したにもかかわらず、です。今年もボウマン神が来てくれるハズでした。


さぁ6歳のシーズンとなった今年の初戦は大阪杯。三浦騎手の下手さ加減にはサトノダイヤモンド戸崎も大爆笑()。
キタサンブラックのいない天皇賞(春)ではボウマン神で勝った!と思ったらクビ差でレインボーライン岩田さんの優勝。しかしレインボーラインはレース後引退…。
今年は相性の悪い宝塚記念の回避しての長期休養明けの京都大賞典に挑むもまさかまさかのアルバートに負ける4着。
これまで2400m戦では7戦全て着内だったシュヴァルグランがついに馬券外になりました。
これを衰えだとか、福永さんだったからだとか…。違います明確な叩きですから!


思えば去年のジャパンカップも最初はデムーロが騎乗予定だったのに、アイダホが参戦する事になってアイダホ→ムーア神、サトノクラウン→デムーロのスライドによってボウマン神になったのです。
今年はボウマン神がメルボルンCでやらかしたため()、元々サトノクラウンに乗る予定だった弟デムーロが騎乗する事になったのです。


調教の方では2歳500万に遅れたので、今度は2歳未勝利とだけ併せて併入()。
天皇賞(春)では3年連続馬券になったのです。ジャパンカップも3年連続馬券になりましょう!!


【よしずみ予想】

◎1 アーモンドアイ
〇9 シュヴァルグラン
▲11 スワーヴリチャード
△3 サトノダイヤモンド
×6 サンダリングブルー
×12 カプリ


JCについてのデータは前回記事で長々と書いたのでそちらをご覧下さい。

今年は◎~△までの4頭で決着。もしかしたら3着に外国馬が来るかも?で終了です。
なので馬券は馬連を狙います。シュヴァルグランの着順は1着orアーモンドアイと僅差の2着がよしずみの理想です。


【よしずみ購入予定】
〇シュヴァルグラン頑張れ馬券。
◎軸〇▲△馬連。〇軸▲△馬連。
以上7点。


【屈したよしずみ購入】
◎頑張れ馬券、デムルメ馬単表裏、ワイド。
以上5点。


シュヴァルグラン固定のWIN5でも…と思ったら京阪杯が対象外なのでヤメました()。


【京阪杯 GⅢ】
条件上がりが4頭もいてどれを切るか迷ってしまいますね。
簡単です。全部切ってしまいましょう(暴論)。


【よしずみ予想】

◎11 ダイメイフジ
〇3 ダノンスマッシュ
▲16 ワンスインナムーン
△2 フミノムーン
×5 コウエイタケル
×14 キングハート


まず出馬表を見て驚いたのがアサクサゲンキの隣にまたしても牝馬、しかも前走と同じダイアナヘイローがいることでした。漫画か()。
そして2頭とも武豊のお手馬だったのですが、マカヒキがJC回避のお陰でどっちも武豊じゃありません()。
しかも前走重馬場で粘れず大敗で人気を大きく落としています。吉原の2連覇だってありえるんですけどねぇ??


加えてキングハート様がまたしても外枠です()。前走先行に成功して次走こそ!と思ったらコレですよ()。
キングハート様の複勝オッズから馬券を組み立てていきます。


本命はダイメイフジ。覚えていますか?今年のスプリンターズSには4歳馬が1頭もいなかった事を?
ダイメイフジの瞬発力が久々に発揮される時が来たのです。休み明け?前走距離?関係ありません。だって4歳ですから!(意味不明)
同じく4歳で条件上がりのオールポッシブルがいるので6枠枠連からで馬券は終了ですね。


問題はグレイトチャーターを幸さんの代わりに福永さんが持って来れるかどうか?
ブレイキングドーンで久々の重賞馬券でしたからね。ただ今回はワンスインナムーンがいるので難しいと思っていますよ。


注目はダノンスマッシュ。今回の3歳はともにロードカナロア産駒のダノンとアンヴァルの2頭だけ。
ハンデOPを制した大外枠よりも、前走が展開ごっつぁんのダノンを選びました。
今回は内枠で好位を掴めるかどうかですね。ダノンスマッシュが優勝したら皆でスマッシュ!って叫びましょうね()。


△×はもう3着固定ですね。京都はアドマイヤムーン産駒買いと岩田イン走法の小牧さんですね。


【よしずみ購入予定】
◎頑張れ馬券。
6枠軸2,8枠連。
◎→〇▲→△×3連単。
キングハート様複勝。
以上9点。


去年の2着馬が17番人気って…芝1200mのレースが土日京阪杯だけなのも不気味です。


【今週の服部クンは京都6Rの1鞍のみ()。】
高倉クンのお手馬が服部クンの手に移りました。それは前走タイムオーバーしたから()。
3歳未勝利を逃げ切った京都の舞台で52kg服部クンが再度逃げ切ります。
◎12 ロイヤルパールス。応援しましょう。


【京都11Rは◎5モズワッショイ。】
そろそろ菜七子がOP特別を勝っても良い頃です。


さぁいよいよ明日が本番です。楽しみましょう。それでは!!

よしずみはJCを語りたい。

ジャパンカップについて調べて来ました(長文注意)。


…さて、何から話しましょうか?
とりあえず私の本命馬は◎シュヴァルグランなのですが…
1枠1番アーモンドアイを見た瞬間にこう思いました。


よ「やりやがったなJRA!!」
??「思いっ切り声に出してるじゃないか()。」


今年で31回目を迎えるジャパンカップ。
シュヴァルグランが優勝すればJC連覇という事になります。
歴代の優勝馬に連覇した馬はいたのでしょうか?

81 メアジードーツ 牝6 5人11.2倍→翌年出走せず。

82 ハーフアイスト 牡4 6人32.3倍→7人4着

83 スタネーラ 牝6 3人4.2倍→翌年出走せず。

84 カツラギエース 牡5 10人40.6倍→翌年出走せず。

85 シンボリルドルフ 牡5 1人2.0倍→翌年出走せず。

86 ジュピターアイランド 牡8 8人14.9倍→翌年出走せず。

87 ルグロリュー 牡4 3人8.6倍→翌年出走せず。

88 ペイザバトラー 牡5 9人14.9倍→6人8.6倍3着

89 ホーリックス 牝7 9人19.9倍→翌年出走せず。

90 ベタールースンアップ せん6 2人6.2倍→翌年出走せず。

91 ゴールデンフェザント 牡6 7人18.2倍→翌年出走せず。

92 トウカイテイオー 牡5 5人10倍→翌年出走せず。

93 レガシーワールド せん5 6人12.5倍→翌年出走せず。

94 マーベラスクラウン せん5 6人10.6倍→翌年出走せず。

95 ランド 牡6 6人14.5倍→翌年出走せず。

96 シングスピール 牡5 4人7.6倍→翌年出走せず。

97 ピルサドスキー 牡6 3人4.6倍→翌年出走せず。

98 エルコンドルパサー 牡4 3人6.0倍→翌年出走せず。

99 スペシャルウィーク 牡5 2人3.4倍→翌年出走せず。

00 テイエムオペラオー 牡5 1人1.5倍→1人2.8倍クビ差2着

01 ジャングルポケット 牡3 2人4.2倍→3人4.2倍5着

02 ファルブラヴ 牡4 9人20.5倍→翌年出走せず。

03 タップダンスシチー 牡6 4人13.8倍→翌年出走せず。

04 ゼンノロブロイ 牡4 1人2.7倍→1人2.1倍3着

05 アルカセット 牡5 3人10.6倍→翌年出走せず。

06 ディープインパクト 牡4 1人1.3倍→翌年出走せず。

07 アドマイヤムーン 牡4 5人10.9倍→翌年出走せず。

08 スクリーンヒーロー 牡4 9人41倍→4人7.5倍13着

09 ウオッカ 牝5 1人3.6倍→翌年出走せず。

10 ローズキングダム 牡3 4人8.8倍→9人22倍9着

11 ブエナビスタ 牝5 2人3.4倍→翌年出走せず。

12 ジェンティルドンナ 牝3 3人6.6倍→1人2.1倍1着

13 ジェンティルドンナ 牝4 1人2.1倍→1人3.6倍4着。

14 エピファネイア 牡4 4人8.9倍→翌年出走せず。

15 ショウナンパンドラ 牝4 4人9.2倍→翌年出走せず。

16 キタサンブラック 牡4 1人3.8倍→1人2.1倍3着

17 シュヴァルグラン 牡5 5人13.3倍→???

…という訳でJC優勝馬が翌年JCに参戦した場合、(1-1-3-5)という結果になりました。
JC史上唯一の連覇した馬が三冠馬オルフェーヴルとの叩き合いをハナ差で制したジェンティルドンナだけという。
そしてジェンティルドンナはこの時3歳牝馬の三冠牝馬…。アーモンドアイが今年優勝して来年も連覇するってフラグですかねぇ??


そしてシュヴァル目線で見ると、連覇は厳しめですが複勝率5割で着内に入ってくれそうという結果に。
そうやってシュヴァルを紐で買って去年同様アタマで来るのかよ!?ってなって頂きたいですね。頑張れシュヴァル。
なお見ての通り6歳馬での優勝は03年タップダンスシチーまで遡ります()。


【三冠牝馬を知る。】
秋華賞が新設されるまではエリ女が3歳牝馬の最終目標でした。
アーモンドアイを含め歴代の三冠牝馬は5頭のみです。
ここでは三冠牝馬を達成した馬の次走を確認します。

メジロラモーヌ→有馬記念2人9着

スティルインラブ→エリザベス女王杯1人2着

アパパネ→エリザベス女王杯1人3着

ジェンティルドンナ→ジャパンカップ3人1着

アーモンドアイ→ジャパンカップ1人?着

メジロラモーヌの時は秋華賞ではなくエリ女からの有馬ですからね。
三冠牝馬の次走は見事に人気に応えています。
アーモンドアイも単勝1倍台の人気に応えてくれるのでしょう。


【1枠1番はJRAの指定席。】
馬が強いのは分かりました。では枠番はどうなのでしょうか?
いつものように馬番オッズ着順の表を今年も更新します。ご覧下さい。

(※4年連続1枠1番が馬券に。しかも2年連続1枠1番が優勝中。)


去年はシュヴァルグランが1枠1番で喜びましたが、今年の指定席にはアーモンドアイが入りました。
長距離戦は内枠有利ですからね。マイルCSでも淀競艇が発生しましたが、あれはインががら空きだったからですね。
あとは混戦を抜け出すのはロスのない枠に入った馬と実力のある騎手だったという事でしょう。


過去15年で14頭立ては2番目に少ない頭数です。06年のディープインパクトの年が11頭開催で①→⑤→③人気決着でした。
実はこの時1枠1番で2番人気支持を得ていたのがハーツクライ。騎手はなんとC.ルメール様でした。あれあれ?ルメール様のJC成績ってどうなってるんだ??


【ジャパンカップのC.ルメール成績】

03 アナマリー 牝4 17人37.9倍12着

05 ハーツクライ 牡4 2人7.1倍ハナ差2着(ゼンノロブロイ2.1倍3着)

06 ハーツクライ 牡5 2人5.8倍10着(ディープインパクト1.3倍1着)

07 ヴィクトリー 牡3 8人48.4倍18着

08 アサクサキングス 牡4 6人12.9倍8着

09 ウオッカ 牝5 1人3.6倍1着

10 オウケンブルースリ 牡5 6人15.8倍7着

11 シャレータ 牝3(53kg) 10人36.4倍7着

12 エイシンフラッシュ 牡5 5人13.9倍9着

15 ペルーサ 牡8 12人66.3倍17着

16 レインボーライン 牡3 8人18.7倍6着

17 レイデオロ 牡3 2人3.8倍(1 1/4)差2着

…という事でJCのルメール様の成績は(1-2-0-9)でした。
重賞1番人気のルメール様は(10-4-1-4)でマイルCSの時は(0-3-1-10)でモズアスコットを着外にしてしまいましたね。
しかしJCではウオッカで優勝経験がありますから。ハーツクライでのやらかしも今度はディープに乗せて貰えるようなものですからね。


…今年のJCは全14頭中7頭が外人騎手ですよね?ぜーんぶのJCを調べていたら縦長の大長文になってしまうじゃないですか…!どうしましょうか…?


【表にすれば良いじゃないか()。】

…という事でとても見易い表が完成しました()。ルメール様もデムーロ様もムーア様もJCでの優勝経験があります。
そして弟デムーロは去年のみ。モレイラ神とルメールより2歳年下F.ベリー騎手は共にJC初挑戦です。
マイルCSをステルヴィオで制したW.ビュイック騎手はしれっと13年トーセンジョーダンで2桁人気を3着に持って来ています()。


こうして見るとルメール様は人気の馬をしっかりと連対。デムーロ様は人気の馬を2桁着順にして不人気の馬で連対。ムーア様は4着が多い。と傾向が見えますね。
シュヴァルグラン騎乗となった弟デムーロは去年ソウルスターリングで4番人気7着でした。
3歳牝馬の53kgでも古馬には通用しない…んん?53kg?弟デムーロは体重軽いでしょうが、ルメール様って53kgで出走出来るんでしょうか?

53kgジャストじゃないか!馬に不安が無い代わりに騎手に不安要素が発生しましたよ!
過去ルメール様が53kgで騎乗した時の成績を調べれば良いんや!よっしゃ!


・・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
ここでよしずみは力尽きましたOTL。なので偉大なる先駆者様のブログを紹介します。

netkeibaの10年分の騎乗成績を目視するのがどれだけ大変な事か。
ソウルスターリングの毎日王冠は、モズアスコットも含め実はFrankel産駒が超早熟なら納得出来ますね。
そして11年JCでのシャレータ。実はこの年は超豪華なJCだったのです。



1番人気が外国馬デインドリーム。この馬は3歳牝馬で当時の凱旋門賞をレコード勝ちした馬でした。(今のレコードは16年の4歳牝馬ファウンド。オブライエン3頭決着の年ですね。)
ルメール騎乗のシャレータはこの時の凱旋門賞2着になった3歳牝馬でした。
レースは後ろからの競馬で届かず伸びずの7着でした。
アーモンドアイも後ろからの競馬ならもしかして…?


??「いや、秋華賞や桜花賞の末脚を思い出しなさいよ。」
よ「オークスのように先行したらファンディーナしませんかね?」


過去15年で1番人気が着外になったのはたった2回だけ。
11年のデインドリームと14年の3連覇を目指したジェンティルドンナ(4着)だけでした。


よ「ともに牝馬なのでもしかしたら…?」
??「減量とプレッシャーでルメール様が最高のパフォーマンスが出来ないのでは?と。」


シュヴァルグラン絡みの3連複が1番人気でない事、アーモンドアイがコケても3連複は30倍から3連単なら171倍からとあんまり付かない事を確認してお喋り終了です。
ジャパンカップはなぜかクビ差ハナ差決着が多い気がしますよ…?今年は馬連ですかね。それでは!