よしずみの競馬にハマる!?

競馬初心者が万馬券の夢を見るブログです。

5/5 京都新聞杯GⅡ結果。

ゴーフォザサミットといい戦法が変わる馬は難しいって…!


京都新聞杯 GⅡ
【レース結果】
13 ステイフーリッシュ 2:11.0
8 アドマイヤアルバ (1 3/4)
15 シャルドネゴールド (ハナ)
2 グローリーヴェイズ (3/4)
6 メイショウテッコン (クビ)


【よしずみ予想】
◎1 フランツ (10着)
〇5 タニノフランケル (17着)
▲2 グローリーヴェイズ (4着)
△11 アルムフォルツァ (7着)
☓8 アドマイヤアルバ (2着)


【よしずみ購入】
無し!


【レース感想】
3連単の安さが物語る。過去データ粉砕すれば馬連万馬券。
しかしタニノフランケルが酷い。デムーロ騎乗も酷かった。


ステイフーリッシュが優勝しました。
ホープフルSでは最速末脚での差し競馬でしたが、共同通信杯では末脚発揮せず。
中谷「何でやろうなぁ?」
藤岡兄「後ろ過ぎるんやない?」


メイショウテッコンの逃げの2番手につけた藤岡兄。
1000m通過58.5は速いペース。しかしステイフーリッシュには余裕でした。
この時1番人気デムーロのフランツは最後方。
日曜が本番だからと言わんばかりの絶対届かない超大外ぶん回しを発動しました。


よ「それでも最速末脚ではないんだよなぁ…。」
よ「やはりキャリア4戦までの馬は危険よ。重賞実績も無いんやから」


タニノフランケルは前走マイペース逃げに成功してどスロー勝ち。
今回は番手に控えた時点でアイトーンの若葉Sの再現でした。
それでもドベは無いですわ。馬体重500㎏超えが不振データが発動しましたかね?


よ「角居厩舎の呪いやね。」
よ「Frankel産駒の可能性はなぁ…てか謎の外国産駒が増えてきてますわ。」


最速末脚はシャルドネゴールドとアルムフォルツァ。しかし通過順で3着と7着。
逃げたメイショウテッコンは5着。粘りましたね。
間の4着に2番人気になったグローリーヴェイズでした。


よ「毎日杯ではウォーターパルフェのクビ差7着やったんだけどなぁ…」
よ「ボウマン仕事しますやん!」


2着が距離不安だったアドマイヤアルバ。岩田騎手重賞着内ですよ!
今年は500万勝ちが6頭もいた訳ですが結局着内はこの馬だけでした。
5枠の2頭は中団から知らぬ間に失速していましたね。


よ「ケイティクレバーも着外でしたし」
よ「小林徹弥騎手に戻して良いんじゃないかな?」


今回のメンバーでもう1回走れば結果はまた変わっていたでしょう。
外枠不利っていって7枠13番が優勝しましたし。
しかし藤岡兄は今年重賞3勝目ですか…。中谷騎手はさぞや悔しい事でしょう()。

(※中谷騎手は4/8に落馬負傷で頸椎と胸椎を骨折。全治6カ月の大怪我です。)


今日は横浜も大敗なのでそーいう日なのです。
明日に切り替えましょう。それでは!!


[最強]競馬ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。